FC2ブログ

苦行について

2013.08.12 12:00|未分類
7月に凹んだ経験から、なんで人は滝に打たれたり、
断食したりの苦行をするのかが、よく理解できました。
というのも、苦しくて辛くて追い込まれてようやく、
ちゃんと瞑想しようという気になったからです。

苦しい時の神頼みとは、本当にその通りで、
しんどい時になってはじめて、
神さまと話をしたいという気分になります。
悩みがなくて、楽しくて、幸せいっぱいの時には、
ついつい神さまのことは忘れがちになります。

宗教の戒律なんかもそうですが、
厳しければ厳しいほど、難しければ難しいほど、
半強制的に日々のどんな場面でも、
その宗派の信じる神と、向きあうように作られているんだな~と、
今さらながら気づきました。

先日読んだ本の中で、
「なぜ○○教では、女性が悪とされているんですか?」
という、弟子から師匠への質問に、
「それは○○教の教祖が、女性の誘惑を克服できないレベルだったためです」
と答えます。

本当に、このお師匠さんの言うとおりで、
女性に誘惑されたり、彼・彼女と超ラブラブ状態だったり、
たくさんの人にちやほやされたり、宝くじで一等賞だったりと、
強烈な喜びの中でも「神」を身近に感じ続けることは、
苦行や厳しい戒律の中にいるよりも難しい事なんだと思いました。

苦しみは神を引き立たせますが、
喜びには、神をかき消すパワーがあります。
というのも”神=喜びのエネルギー”なので、
喜びと同化して薄まってしまうんでしょう。

なので”苦しい事を強いる存在=神”というイメージが、
出来上がってしまったのではないでしょうか。

神は人間に、もっともっと人生を楽しんで謳歌してもらいたい、
幸せになってもらいたいと願っています。
強烈な喜びの中でも神を感じ続けられることが、
実は本当の強さではないかと思います。

「古代はもっとたくさんの人が神と繋がっていて、
神はもっと身近な存在だったんだよ」

と、ポコプンは言います。

ポコプンが言う神とは、自分の外側にいる神ではなくて、
内側に存在する神のことです。
生まれた時からずっと、個人の中に神はいるんですよと言うと、
「じゃあ”自分=神”ってことですか?
自分が神だなんて、おこがましくて・・・とても考えられないです」
と、答えられるんですが、考えられなくて当然です。
私たちは、すっかりこの事実を忘れてしまっているからです。

個人の内なる神をどうやって思い出して、繋がっていただくか、
”楽しく幸せで平和で身近な存在=神”
という新しい神イメージを、どうやって伝えていこうかと、
いつも頭の中で試行錯誤しています。

*****************
こんな私のヒーリング&催眠療法に、ご興味がある皆様からの、
ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「セッションのご案内」をご覧ください。

*****************

↓応援のポチも、よろしくお願いします↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村




テーマ:スピリチュアル
ジャンル:心と身体

Comment

非公開コメント

| 2018.10 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Translation(自動翻訳)

プロフィール

αBoo(八多恵子)

Author:αBoo(八多恵子)
チャネラーのノンモさんの審神者として、天の情報をお届けしています。ノンモさんのチャネリング先は、シリウスBのポコプン(高次の意識体)です。

そのポコプンから直々に伝授された「癒守結(旧:秘儀)セッション」を行っています。詳しくはホームページをご覧ください。

リンク

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カウンター

QRコード

QR

ページトップへ