FC2ブログ

幽霊について

2013.09.29 12:00|未分類
「最近、地下鉄で幽霊を見るようになったんです~」
と、ノンモさん。

ノンモさん「その幽霊は普通に座席に座っていて、
これといって何もしないんですけど、
その幽霊の座っている席には、どんなに車内が混んでいても、
誰も座ろうとしないんですよね~」

へぇ~。なんでだろう?
乗客には幽霊ではなくて、普通に人が座っているように見えてるんでしょうかねぇ?

以前おススメした飯田 史彦さんの著書、
「ツインソウル・死にゆく私が体験した奇跡」
の、本の中でも書かれているのですが、
幽霊って、人の強い想念の残像なんだそうです。

死んだ事が理解できずに、混乱して地上に居残ってしまう魂でも、
必ず天からの導きがあって、全ての魂は「あの世」へと向かうそうです。
なので地上に残っていて幽霊と呼ばれるものは、
人間のただの強い想いだけなんだそうです。

ノンモさん「だから、幽霊を怖がらなくていいですよ~。」

でも、悪さをする霊もいますよね。

「はい。残された人の強い想いは、物を動かせるほどの力を持ってますから」
と、ノンモさん。

例えば怨念なんていうのは、残された強すぎる想いですよね。
残された人の強い想いを、除霊というか成仏というか・・・させるには、
話しかけて説得して、納得して頂く事だという事を、
読んだことがあるんですけど・・・。

「向こうから話しかけてきた場合は、答えればいいですが、
話しかけてこない限り、こちらからは話しかけない方がいいです」
と、ノンモさん。

動物霊っていうのは、何なんですか?
これも人に取り憑いたりしますよね。

ノンモさん「飼っていたペットや、その辺の動物は霊にはなりません。
いわゆる動物霊と呼ばれるものは、
人間が地球に誕生する以前の太古からの存在で、
JINN(ジン)のような存在でもあります」

(以前の記事「次元とJinn(ジン)について」をご参照ください)

悪いJINN(ジン)は、たまに人にと取り憑いて、
最悪の場合、命を奪ってしまうそうですが、
これを動物霊だと勘違いしている人も多いそうです。

*****************
こんな私のヒーリング&催眠療法に、ご興味がある皆様からの、
ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「セッションのご案内」をご覧ください。

*****************

↓応援のポチも、よろしくお願いします↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


テーマ:スピリチュアル
ジャンル:心と身体

Comment

こんにちは!以前一回だけコメントさせてもらいましたみちこです!

最近αBooさんの日記と自分がシンクロする事が多くて、ありがたい気づきがあったのでそれを自分の日記に書いたんですが、“無意識の意識化”を勝手に皆さんにオススメしちゃいました~(^_^;ついでにこちらのブログも紹介しちゃいました!
今更ですが大丈夫ですかね?

勝手な事してごめんなさい~(*_*)

コメントありがとうございます♪

みちこさん

コメントありがとうございます♪
みちこさんのブログでご紹介下さって、ありがとうございます。
貼り付け、もちろん全然大丈夫ですよ~。嬉しいです。
記事を拝見させていただきましたが、日常生活での気づきが起こったんですね!
すごーい!素晴らしい~!と、感動して、うるっ(涙)ときてしまいました。

(みちこさんのブログ:http://ameblo.jp/eieio-0229/entry-11624549738.html

今後ともご愛読よろしくお願いします。



良かったです~!ありがとうございます♪o(^-^)o

コメントありがとうございます♪

いえいえ~。今後ともよろしくお願いします♪
非公開コメント

| 2018.12 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Translation(自動翻訳)

プロフィール

αBoo(八多恵子)

Author:αBoo(八多恵子)
チャネラーのノンモさんの審神者として、天の情報をお届けしています。ノンモさんのチャネリング先は、シリウスBのポコプン(高次の意識体)です。

そのポコプンから直々に伝授された「癒守結(旧:秘儀)セッション」を行っています。詳しくはホームページをご覧ください。

リンク

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カウンター

QRコード

QR

ページトップへ