FC2ブログ

秘儀セッション体験談

2013.10.03 12:00|秘儀(癒守結)について
12月大阪での秘儀セッションに、
たくさんのお申込みありがとうございます。
おかげで18日(水)と19日(木)の予約が、
ほぼ埋まっている状態です。
本当にありがとうございます!

関東方面、中部地方、九州からと、
遠方からはるばるお越し下さる方がほとんどで、
大変恐縮しております。
(意外に、関西地方の方が少ないです)

恐縮しすぎて、ちょっと心配になってきたことがあります。
それは、秘儀セッションって、
ミステリアスで意味不明な古代の呪文や、
秘密の言葉などを唱えるんだろうな~と、
お考えの方もいらっしゃるだろうという事です。

ところが、この秘儀セッションは超現代風です。
たぶん古代では、その時代の言葉でやってたことを、
2013年の言葉に翻訳しなおしてるんだと思います。
それにノンモさんのチャネリングと同じように、
きっとその当時の秘儀よりも、進化もしていると思うのですが・・・。

この秘儀セッションでは、いつもポコプンが伝えようとしている、
自分自身が天であり、神であり、宇宙であること、
そしてそのすべてが自分の内に存在している事を体感できます。

私の友人が秘儀セッションを受けた後に、
「呪文とか謎めいた言葉が出るのかと思ってたら、
全部理解できる言葉なんだね~。
簡単なので覚えてられると思ってたのに、
最初の一部分しか覚えてないかも・・・不思議~!」
という感想を伝えてくれました。

これをノンモさんに伝えたところ、
「ふふふ・・・わざとそうなってるそうですよ~。
わざと、覚えていられないようにしてあるそうです」
と(⌒~⌒)ニンマリ

何度もしつこくお伝えしているように、
この秘儀の方法は口外厳禁、秘密厳守をお願いしていたのですが、
その上どうやら脳では覚えていられないように、
作られているようですね~。
(う~ん。さすが天!)
でも、魂はしっかりと覚えているのでしょう。

そんなわけで、秘儀の伝授を受けた後に、
「こんなの今までの2時間集中力が必要な催眠セッションに比べたら、
台本もある事だし、1時間程度だし簡単♪簡単♪余裕ですよ~」
と、のたまわっていた私ですが、
いざ、秘儀セッションを行うとなると、台本があるというのに、
あれ?これ先だったっけ?後だったっけ?
同じ事さっき言ってなかったっけ?
といった大混乱が起きるのです。

そして、完全習得までに何度も何度も、
ノンモさん&ポコプンのダメ出しを食らいました。
本当にシンプルなのに・・・めっちゃ難しい~!
当たり前ですが、秘儀の台本をただ棒読みすれば良いわけではなく、
(棒読みでOKと思ってた私です。苦笑)
今までやってきた催眠とかヒーラーの経験とか、
そういったテクニックも必要になるんだなぁと感じます。

私の場合、催眠やヒーリングをさせて頂くときには、
自分が器となって、天から受けたエネルギーを出していくとか、
自分もクライアントさんと同調するように、
同じ催眠下の空間に入るような事をしているのですが、
この秘儀でもこういった点が重要なんだとも感じます。

これを読んで、
「えー!思ってたのと違う!」と思われた方、
どうぞ、お気軽に予約をキャンセルして下さいね。

もしくは、ぜひ体験してみたい!と思われた方、
大阪は今のところ20日(金)は空いておりますので、
お申込みをお待ちしております。

12月19日(木)大阪と、10月16日(水)NYの座談会の方は引き続き、
お申込みを受け付けております。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

*****************
こんな私の秘儀ヒーリング&催眠セッションに、ご興味がある皆様からの、
ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。

*****************

↓拍手&応援のポチも、よろしくお願いします↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

テーマ:スピリチュアル
ジャンル:心と身体

Comment

非公開コメント

| 2018.10 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Translation(自動翻訳)

プロフィール

αBoo(八多恵子)

Author:αBoo(八多恵子)
チャネラーのノンモさんの審神者として、天の情報をお届けしています。ノンモさんのチャネリング先は、シリウスBのポコプン(高次の意識体)です。

そのポコプンから直々に伝授された「癒守結(旧:秘儀)セッション」を行っています。詳しくはホームページをご覧ください。

リンク

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カウンター

QRコード

QR

ページトップへ